宅建通信講座

宅建は7割取れば合格することができるのか?

今回は宅建は7割取れば合格することができるのかついて取り上げていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建試験って7割取れれば良いって聞くけどどうなのかな?最近の合格点見ると35点以上の年も増えてきているけど。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえると、次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建試験は7割取れば合格できるのか
  2. 何割取れば確実に合格できるのか
  3. 合格点を取るための勉強法
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は、宅建試験に2ヶ月の短期合格に成功しているので試験や勉強方法については詳しい自信があります。

是非今回の記事を参考に、宅建取得を考えている方は合格を目指してチャレンジしてみてください!

宅建は7割取れば合格することができるのか?

結論から言いますと、4.5年前ならできました。
現在で7割りだと少し物足りない点数というのが正直なところです。

下記の表を見てもらったら分かるのですが、ここ数年で合格点が35点以上の年が増えています。

年度 受験者数 合格者数 合格率 合格点
平成11年 178,384人 28,277人 15.9% 30点
平成12年 168,094人 25,928人 15.4% 30点
平成13年 165,104人 25,203人 15.3% 34点
平成14年 169,657人 29,423人 17.3% 36点
平成15年 169,625人 25,942人 15.3% 35点
平成16年 173,457人 27,639人 15.9% 32点
平成17年 181,873人 31,520人 17.3% 33点
平成18年 193,658人 33,191人 17.1% 34点
平成19年 209,684人 36,203人 17.3% 35点
平成20年 209,415人 33,946人 16.2% 33点
平成21年 195,515人 34,918人 17.9% 33点
平成22年 186,542人 28,311人 15.2% 36点
平成23年 188,572人 30,391人 16.1% 36点
平成24年 191,169人 32,000人 16.7% 33点
平成25年 186,304人 28,470人 15.3% 33点
平成26年 192,029人 33,670人 17.5% 32点
平成27年 194,926人 30,028人 15.4% 31点
平成28年 198,463人 30,589人 15.4% 35点
平成29年 209,354人 32,644人 15.6% 35点
平成30年 213,993人 33,360人 15.6% 37点
令和元年 220,797 人 37,481人 17.0% 35点
令和2年 168,989人 29,728人 17.6% 10月実施
38点
12月実施
36点
令和3年 209749人 37,579 人 17.9
%
34点

ただ、点数だけ見ると上がって見えるので不安になる人もいると思いますが、合格率も一緒に上がっているので安心してください。

合格率は基本的に15〜17%を推移しているので点を取りやすい問題になっているのかもしれませんね。

宅建試験は何割取れば確実に合格することができるのか?

最近になって情勢が変わってきているのであれですが、確実にというならば8割取れれば合格できるでしょう。

いまだかつて合格点が8割に届いたことはありませんし、運営側もそれ以上難しくするつもりもないと思います。

辞める宅建士もいるので、新しく宅建士が出てこないとその数は減ることになります。
なので落とす試験にはならないと思うので合格点が8割の40点に到達することは現時点ではあまり考えられません。

逆を言えば、7割の35点は取っておかないと今後余裕は持てないかもしれませんね。

宅建で合格点を取るための具体的な勉強方法

もし宅建でより高い点数を取りたいのであれば、通信講座をお勧めします。

分かりやすい教材だけでなく、効率よく勉強できるので合格率も格段に上がります。

下記の記事に詳しく勉強方法や通信講座について書いているので良ければ是非参考にしてみてください。

宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップ宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップというテーマで記事を書いています。短期合格を目指すのにおすすめの通信講座も紹介しているので是非参考にしてみてください。...

今後宅建の合格点はどのように推移していくのか

上記の表を見てもらったら分かるように宅建試験は年々合格率とともに合格点も高くなってきてます。

ここ2年はコロナ禍もあり、宅建試験も2回に分けて実施されたり、受験者に多少の影響はあったにしろそこまで大きな変動はなかったと思います。

ただ、合格率とともに徐々に合格点が今までの合格の目安だった7割の35点を超えてきているので、今後は37点くらいが合格点の基準になってくるのではないかと思います。

極端に難しくなることはないと思います。

1.2問はケアレスミスがあると思うので、試験当日はそのケアレスミスをなくせることができれば、より合格に近づきます

まとめ

今回、宅建は7割取れば合格することができるのかについての記事を書かせていただきました。

現状では少し物足りない点数ではありますが、落ちるとも言えないボーダーラインギリギリの点数です。

“けんた”
“けんた”
当日ヒヤヒヤすることがないように、余裕を持っての勉強に加え、ケアレスミスには必ず気をつけましょう。ケアレスミスがなければ合格点に到達していたという話もよく聞きます。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気通信講座ランキングTOP3
  • フォーサイト

    宅建
    圧倒的に人気の通信講座!

    受講生の合格率は毎年平均して70%越えという驚異の実績を誇ります。

    宅建になんとしても合格したい!という方はフォーサイトを選んでおけばまず間違いなしです。
  • アガルート

    アガルートアカデミー
    近年どんどん受講生の合格率を上がってきているのがアガルートです!

    アガルートの最大のメリットはなんといっても合格時のお祝い金制度です!

    他の通信講座に比べても圧倒的に高いので、合格の自信がある方はアガルートがおすすめ!
  • スタディング

    宅建
    業界最安値の受講費!

    とにかく安くて良いコスパの良い通信講座を選びたいという方であればスタディングが圧倒的におすすめ!

    費用面で独学にしようと思っている方であれば、スタディングを選んだほうが絶対良いです!

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。