宅建通信講座

キャリカレ宅建の口コミ・評判や合格率について

今回はキャリカレ宅建の口コミ・評判や費用から合格率まで完全解説していきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建の講座について調べていたらキャリカレ宅建士講座がヒットしたんだけど、どうなんだろう?おすすめなのかな?

今回はこういった疑問を解決していきます。

この記事を読んでいただければ次のようなことが分かります。

  1. キャリカレ宅建士講座とはどんな通信講座なのか?
  2. キャリカレ宅建士講座の口コミ・評判
  3. キャリカレ宅建士講座を実際に利用した人の合格率
“けんた”
“けんた”
ちなみにこの記事を書いている私は通信講座を使って宅建試験に2ヶ月間で合格をしていて通信講座に関しては詳しいのである程度の信頼性は担保されるはずです。

宅建に合格するための通信講座を悩んでいる方はぜひ最後まで読んでいただいて参考にしてみてください。

キャリカレ宅建士講座とは?

「資格のキャリカレ」は、株式会社キャリアカレッジジャパンという通信教育会社が運営している通信講座です。

キャリカレの一番の特徴としては取り扱っている資格が多いという点です。(なんと150資格以上!)

宅建講座の場合、受講料は他の通信講座に比べると安めで、不合格の場合の全額返金も用意がされています。

キャリカレ宅建士講座の口コミ・評判のまとめ

実際にキャリカレ宅建士講座を利用した人がなぜキャリカレ宅建士講座を選んだのか?その理由などについてもご紹介します。

以下にキャリカレ宅建士講座の宅建講座利用者の口コミを紹介します。

“30代男性”
“30代男性”
講師の方の説明が例をあげた説明も多くあり、とても理解しやすかった。 穏やかな口調の講義なので、落ち着いて勉強できた。
“40代女性”
“40代女性”

テキストが文字ばかりで非常に分かりにくかった。また、添削問題が難しすぎる。

“20代男性”
“20代男性”

テキストだけでは理解できないところでも動画と関連させて理解することで覚えやすかったです。又、過去問を解いた後に動画とテキストを見直すことで理解が深まったと思います。

“30代女性”
“30代女性”
2,3年前に宅建士を取りたいと思い、他社の教材を買ってトライしてみましたが、分厚い参考書を読む時点で力尽きて進まず、また時間もかかり、誰に聞くこともできず、資格試験を受けるところまでもたどり着けず、挫折しました。

しかし、やっぱり宅建士の資格を取りたいと思い、私にとって薄い参考書で、的を射た内容が沢山詰まっている教材はないかと、そんなわがままな教材にようやく「資格のキャリカレ」という御社に出会え、なんと勉強が捗ること。

捗ること。質問も頻繁にできますし、常山先生の教え方がまた上手で、こういう内容だったのかと何度も感動しました。あとは、自分の能力と努力次第だと思っています。まだ、資格試験日は先ですが、頑張って宅建士の合格を取りに行きたいと思っています。

“60代男性”
“60代男性”

要点に絞ったテキストでやや薄めですが、動画が充実していますので、書き込んで、自分だけのテキストを作ることができます。

カラフルだったり辞典みたいに分厚いものだったら、目が疲れて読む気もしなかったと思うのですが、自分の言葉で書き込むことで記憶に定着したような気がします。
eスキップのアプリに一問一答があったり、動画も、一つ一つが5~10分程度で隙間時間に最適です。

先生がたまに面白い語呂合わせやわかりやすい比喩を出してこられるので、そこもポイントが高いです。
本試験が楽しみです。

“20代女性”
“20代女性”

講義の動画が分かりやすくて、テキストも付いていたのでスタートしやすかったです、添削問題を提出するスケジュール管理のおかげで、気持ちのムラはあったものの予定に間に合うように建て直すことができたのが良かったです。

“50代女性”
“50代女性”

昨年、別の通信講座を受講しています。
ある程度知識があったので、再受験する人にとっては試験対策のおさらいとして要点がまとめられており、実例も分かりやすかったと思います。

 

料金や一部営業の方の評判は良くないものの、講座としては質が高いという旨の口コミが多かったです。

キャリカレ宅建士講座の受講生合格率

キャリカレ宅建士講座では、正確な合格率が公表されていません。

私が一番おすすめしている通信講座のフォーサイトは受講生の合格率が7割を超えています。合格率が公表できるのは実績をきちんと出しているからですね。

フォーサイトについては別の記事で詳しくまとめているのでそちらを参考にしてみてください。

フォーサイト宅建通信講座の口コミ・評判・料金や合格率まで徹底解説!宅建通信講座フォーサイトの口コミ・評判について解説します。受講者の合格率は70%超えという驚異的な数値を誇っています。独学で試験に落ちた人には、通信講座のフォーサイトがおすすめです。...

キャリカレ宅建士講座の特徴

“けんた”
“けんた”
キャリカレ宅建士講座の特徴は大きく次の3つです。
  1. 無駄な学習を省いてわずか3ヶ月で合格が目指せる!
  2. 勉強が苦手でもOK!カンタンな学習方法でムリなく学べる!
  3. 試験対策も万全!安心して試験に臨める!

これらのメリットを1つずつ深掘りしていきます。

無駄な学習を省いてわずか3ヶ月で合格が目指せる!

キャリカレは試験に出題される部分に絞り込んで、徹底的に無駄を省いています。

それによって短期間での合格を可能にしています。公式HPには3ヶ月で合格することができると記載されていました。

効率よく宅建に短期間で合格できるのは大きな魅力ですね。

勉強が苦手でもOK!カンタンな学習方法でムリなく学べる!

キャリカレではテキストと映像の講義が連動しています。

なので映像をメインで学習することができるのでテキストに比べてより理解がしやすくなっています。

アウトプットができる機会も多く用意されているため効率的な学習が可能になります。

試験対策も万全!安心して試験に臨める!

試験の対策として一問一答や過去問も豊富に用意されています。

スマホなどもで隙間時間を使って取り組むことができるので、知識をより早く身につけることができます。

キャリカレ宅建士講座のデメリット

“けんた”
“けんた”
ここまでキャリカレ宅建士講座のメリットばかりを解説してきましたが、デメリットに関する口コミも説明しておきます。

結論として、キャリカレ宅建士講座のデメリットは合格率が公表されていない点です。

どれだけ良いメリットがあったとしてもそれを実際に受講した人が合格できたのか?という観点は非常に大切ですよね。

そういった面で、本当に良い通信講座であるのかというのは立証をすることができない点が大きなデメリットだと言えます。

キャリカレ宅建士講座の費用

キャリカレ宅建士講座の定価は49600円です。

ただし、期間によってはキャンペーンで大幅な値下げがされています。

他の宅建通信講座に比べると受講費用はかなり割安な分類だと思います。

もっと安い通信講座を知りたい!という方はぜひ下の記事を参考にしてみてください。

宅建通信講座で料金が安いランキングTOP3【コスパ最強はこれだ!】【コスパ重視】宅建通信講座の値段が安いランキングを紹介しています。安くて質の高い通信講座を選びたい!という方おすすめの記事です。...

キャリカレ宅建士講座は費用は安いが実績が不明確な点がデメリット

今回はキャリカレ宅建士講座について紹介してきました。

キャリカレ宅建士講座は費用的には割安の通信講座ではありますが、受講生の合格率が公表されていないなど実績としてはまだまだ不安な点が多いです。

“けんた”
“けんた”
ちなみに私が一番おすすめしている宅建通信講座のフォーサイトでは受講生の合格率も7割越えと実績としては通信講座の中でダントツで高いです。

フォーサイトについて詳しくは下の記事をぜひ参考にしてみてください。かなりおすすめの通信講座です。

フォーサイト宅建通信講座の口コミ・評判・料金や合格率まで徹底解説!宅建通信講座フォーサイトの口コミ・評判について解説します。受講者の合格率は70%超えという驚異的な数値を誇っています。独学で試験に落ちた人には、通信講座のフォーサイトがおすすめです。...

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。