宅建通信講座

宅建に独学2ヶ月で合格することはできるのか?

今回は宅建に独学2ヶ月で合格することはできるのかについて取り上げていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建って大体半年前から勉強することが多いって聞くから2ヶ月で大丈夫なの?独学2ヶ月で合格する勉強方法について聞きたいな。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえると、次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建は独学2ヶ月で合格できるのか
  2. 独学で必要な平均勉強時間
  3. 独学においての勉強方法
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は、宅建試験に2ヶ月の短期合格に成功しているので試験ついては詳しい自信があります。

是非今回の記事を参考に、宅建取得を考えている方は合格を目指してチャレンジしてみてください!

宅建に独学2ヶ月で合格することはできるのか?

宅建に独学2ヶ月で合格することは可能といえば可能です。

なぜなら、宅建に2ヶ月ではなく1ヶ月で合格したという人の話をたまに聞きますし、ネットでも1ヶ月で合格したという人の話はたくさん出てくるからです。

“けんた”
“けんた”
ただ、2ヶ月で合格できるとは言っても可能性は限りなく低く、1ヶ月で合格した人と同様に相当な努力をした人でしょう。

よほどの自信がある人や短期集中で自分を追い込んで勉強できる人なら可能性はありますが、ほとんどの人にはおすすめしません。

独学で宅建に合格するための平均期間

宅建に独学で合格するための平均期間はどのくらいだと思いますか?

大体の目安は半年くらいだと言われており、時間に換算すると300時間くらいと言われています

無理せず勉強することを前提に、その300時間を逆算して半年としていると思うので、300時間を取れるのであれば半年以内でも十分可能です。

宅建に独学2ヶ月で合格するための勉強方法

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建を独学2ヶ月で取得する方法はあるのかな?

こんなふうに思っている方に向けて2ヶ月で宅建に合格するための勉強方法を考えてみました。

結論としては次の5つのステップになります。

宅建に独学2ヶ月で合格するための勉強方法
  1.  1日5時間の勉強時間を確保する
  2.  自分の勉強法に合った教材を選ぶ
  3.  参考書を100時間かけて繰り返し読む
  4. 10年分の過去問を最低でも2〜3周する
  5. 予備校やスクールがしている模試を解きまくる

これらについて一つずつ深掘りしていきます。

 1日5時間の勉強時間を確保する

本気で2ヶ月の独学だけで宅建を取得したいのであれば毎日5時間の勉強時間を確保してください。

一般的に宅建は合格に必要な勉強時間の目安が300時間と言われています。

ただ、これは毎日休まずに一日5時間という計算なので相当な精神力が求められます。

勉強期間が短い分だいぶハードルが高いですが、これを突破できる方のみ次のステップに進みんでください。

 自分の勉強法に合った教材を選ぶ

勉強時間の確保ができたら、次は教材を選んでいきましょう。

自分の勉強スタイルによって教材も合う合わないの相性があると思います。

基本的にはいくつかの参考書などを軽く見て、感覚的に見やすいと思ったもので構わないですが、中には分からない方もいると思うので、そういった方はこちらの記事を参考に参考にしてみてください。

【徹底比較】宅建独学におすすめのテキスト人気ランキング7選宅建独学におすすめのテキストランキング8選を完全徹底比較でご紹介します。またテキストの適切な選び方も解説あり。教材選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。...

 参考書を100時間かけて繰り返し読む

参考書を手に入れたらその参考書を100時間くらい繰り返し読みましょう。

最初は内容が入ってこないと思います。これは独学だと必ずと言っていいほどこの壁に当たりますが、3周は最低でも読み返したいところです。

頭の中で理解できていなくても、そこで止まらずとにかく読み進めてください。

何周かしているうちにいつの間にか内容が繋がってくるので、段々と効率の良い勉強をできるようになっていきます。

10年分の過去問を最低でも2〜3周する

参考書を繰り返し読んで基礎を染み込ませたら、次は過去問を解いて知識を確認していきましょう。

最初は理解して解ける問題も少ないと思いますが、何回も解いていくうちに理解も深まってくるのでどのような問題が頻繁に出題されるのかや傾向が分かる様になってきます。

過去問に関しては直近10年分を最低でも2〜3周はしておいてください。

過去問で解けなかった部分は参考書を読み返したりノートに訂正すると覚えが早くおすすめです。

予備校やスクールがしている模試を解きまくる

ここまできたら最後は予備校やスクールがしている模試を解きましょう。

今年の試験問題を各予備校が予想して模試として出版しているものがあるので2〜3冊くらいは購入して解くことをお勧めします。

毎年、予備校の先生やセミナー講師の宅建勉強のプロたちが対策や傾向を調べて作成する模試なので、似たような問題が出題されることもよくあるので、試験形式に慣れるという意味でも受けておいて損はないです。

2ヶ月で合格したいなら独学よりも断然通信講座がおすすめ!

今回、宅建を独学2ヶ月で取得するための勉強方法などを解説してきましたが、私は2ヶ月という短期間で宅建取得を目指したいのであれば、断然、通信講座をおすすめします。

なぜかというと、通信講座を使うことでより効率的に勉強を進めることができ、勉強時間を短縮することができるからです。

“けんた”
“けんた”
私自身も最初は独学でしたが、途中から通信講座に切り替えたことによって効率が上がり、時間管理がしやすくなりました。

おすすめの通信講座はフォーサイトです。受講生の合格率はかなり高く、教材もわかりやすく、キャンペーンなどもしているのでその時を狙って入講するのも良いでしょう。

詳しくは別の記事にまとめているのでそちらも参考にしてみてください。

フォーサイト宅建通信講座の口コミ・評判・料金や合格率まで徹底解説!宅建通信講座フォーサイトの口コミ・評判について解説します。受講者の合格率は70%超えという驚異的な数値を誇っています。独学で試験に落ちた人には、通信講座のフォーサイトがおすすめです。...

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。