宅建とは

宅建に独学で合格するための7月からの勉強スケジュール

今回は、宅建に独学で合格するための7月からの勉強スケジュールというテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建を7月から勉強開始しても独学で合格できるかな?具体的な勉強手順も知りたいなぁ。。

こう言った方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建に独学で合格するための7月からの勉強スケジュール
  2.  7月から勉強を開始して合格した方の体験談
  3.  独学よりもおすすめの勉強方法
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は宅建に2ヶ月の短期間で合格しているので記事の信憑性はあるはずです。

これから宅建に挑戦するけど、どんな風に勉強していけば良いのか分からないという方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

宅建に独学で合格するための7月からの勉強スケジュール

結論として7月からであれば次のステップで学習を進めていくのがおすすめです。

  1. 7月:基本テキストを読み込む
  2. 8月:過去問を解き始める
  3. 9月:過去問でわからなかった部分をテキストで読み込む
  4. 10月:間違えた問題の総復習

それぞれについて詳しく解説していきます。

7月:基本テキストを読み込む

まずは基本のテキストを読み込みましょう。

目安としては3周は最低でも読み込みたいところです。

どういったテキストを選べば良いのかについては別の記事で詳しくまとめているのでぜひそちらに参考してみてください。

【徹底比較】宅建独学におすすめのテキスト人気ランキング7選宅建独学におすすめのテキストランキング8選を完全徹底比較でご紹介します。またテキストの適切な選び方も解説あり。教材選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。...

8月:過去問を解き始める

ある程度基本テキストでの学習が進んできたら次は過去問を解き始めていきましょう。

最初は全く分からないと思いますが、回数をこなしていくと続けていくと理解が進んでいくはずです。

過去問は直近10年間分を2周くらいはしておきたいところですね。

“けんた”
“けんた”
ちなみに私は最初過去問を解いた時に12点でした。。

9月:過去問でわからなかった部分をテキストで読み込む

過去問をある程度解けてきたら分からない分野をテキストで振り返っていくことが重要です。

解いて終わりでは、実力はついていきません。

きちんと分からない部分を理解して、もう一度テキストを読んでいくとそういうことだったのか!という機会が増えてくるはずです。

この段階に来るとテキストの内容はほとんど理解できているという状況になってきます。

10月:間違えた問題の総復習

10月の最後はこれまでに間違えた問題を総復習していきましょう。

この段階で総復習を効率的にするためにノートなどに間違えた問題をまとめておくのがおすすめです。

そうすることで自分が苦手な分野や問題を全て洗いざらい復習することができるので、最後にさらにレベルをアップすることができます。

実際に7月から独学で合格した人のインタビューしてみた。

“けんた”
“けんた”
では実際に7月から学習を始めた方で宅建に合格した方(山本さん)にインタビューをさせていただきました。

よろしくお願いいたします。

“山本さん”
“山本さん”
 よろしくお願いいたします。
“けんた”
“けんた”
山本さんは7月から宅建の勉強を始めたということでしたが、なぜ宅建を受験することにしたのですか?
“山本さん”
“山本さん”
宅建を受験することになったきっかけは何か資格を取得して手に職をつけたいと思ったからです。

私は現在27歳なのですが、これまで工場に勤務をしていてこれといったスキルを持っていませんでした。

このままでは良くないな、、そんな風な思いから宅建に合格して不動産業界に転職しようと考えました。

“けんた”
“けんた”
なるほどですね!

7月から勉強を開始されたということなのですが、具体的にどのような勉強をされたんですか?

“山本さん”
“山本さん”
移動時間や仕事が終わってからの時間で宅建の勉強をするようにしました。

勉強は得意な方ではないので、とにかく時間を使ったという感じですね。

“けんた”
“けんた”
基本はテキストを読み込んだ感じですか?
“山本さん”
“山本さん”
そうですね、テキストはボロボロになるまで読み込みました

ほとんど覚えたという段階で過去問を解き始めたのですが、結構間違えててショックを受けたことを覚えています。

覚えたつもりで、実はそうではなかったことに気づきより勉強をそこから頑張りました。

“けんた”
“けんた”
では、基本のテキスト→過去問というステップを踏んだわけですね。

テキストは何を使ったんですか?

“山本さん”
“山本さん”
みんなが欲しかった!宅建士の教科書を使いました。

イラストもあって分かりやすかったです。

みんなが欲しかった!宅建士の教科書については別の記事で詳しく紹介しているのでぜひそちらも参考にしてみてください。

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書の口コミ・レビュー今回はみんなが欲しかった! 宅建士の教科書の口コミ・レビューを紹介します。 今回はこういった疑問を解決します。 今宅...
“けんた”
“けんた”
7月から宅建の勉強を開始する方にアドバイスがあればお願いします。
“山本さん”
“山本さん”
7月から開始した場合、試験本番まであまり時間がないと思います。

なのでいかに効率よく勉強するかというのは非常に重要です。

学習を始める前にきちんと計画を立てて継続して頑張ってみてください!そうすればきっと合格ができるはずです。

独学よりも効率よく宅建に合格する方法

今回インタビューをさせていただいた山本さんは独学で宅建に合格されたということでしたが、より効率良く宅建に合格したいのであれば通信講座を私はおすすめしています。

なぜなら独学よりもやるべきことが明確化されているので、今何をどのくらいすれば良いのかが理解できるからです。

“けんた”
“けんた”
独学で難しいのはモチベーションの維持と合格のための計画作りだと思います。

7月から学習開始の場合は時間があまりないので、ぜひ効率良く合格できる通信講座も視野に入れてみてください。

別の記事で通信講座を使って3ヶ月で宅建に合格する方法も紹介しているのでぜひそちらも参考にしてみください。

宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップ宅建通信講座を使って3ヶ月の短期間で合格するための5つのステップというテーマで記事を書いています。短期合格を目指すのにおすすめの通信講座も紹介しているので是非参考にしてみてください。...

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。