宅建過去問

宅建過去問で点数が取れない時に気をつける重要な5つのポイントとは?

今回は宅建過去問で点数が取れない時に気をつける重要な5つのポイントとは?というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建の過去問って難しいな…思ったように点数が取れないんだけど、どうすれば良いのかな?

こういった方に向けてこの記事を書いていきます!

この記事を最後まで読んでもらえれば次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建過去問で点数が取れない時に気をつける重要な5つのポイントとは?
  2. 宅建試験の過去問は難易度が高いのか?
  3. 宅建過去問が解けない人におすすめの教材
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は宅建に2ヶ月で合格しているので記事の信憑性は担保されるはずです。

過去問が難しい…と今現在苦戦している方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

宅建過去問で点数が取れない時に気をつける重要な5つのポイントとは?

結論、宅建の過去問で点数が取れない時には次の5つのポイントに気をつける必要があります。

  1. 最初はあまり点数が取れないものと理解する
  2. 最低でも直近10年間の過去問を2周は解いてみる
  3. 過去問で解けない・分からない部分はテキストで復習する
  4. 解説をきちんと読んで理解してから進む
  5. どんな問題によく間違えているのかを分析する

これらについてそれぞれ深堀して解説していきます。

最初はあまり点数が取れないものと理解する

大前提で、宅建の過去問は最初のうちは点数が取れません。

“けんた”
“けんた”
実は私自身も最初は12点からスタートしました。。

なのであまり最初から過去問で点数が取れないと気にするのは辞めた方が良いです。

最低でも直近10年間の過去問を2周は解いてみる

過去問で点数を取るには量をこなすことが大切です。

なので最低でも直近10年間の過去問を2周は解くようにしましょう。

そうすることで過去問の問題自体を覚えてきますし、どういった部分が出題されやすいのかの傾向が見えてくるはずです。

過去問で解けない・分からない部分はテキストで復習する

過去問で解けなかったり分からなかった部分はほったらかしにせずにきちんと基本テキストに立ち返って復習するようにしましょう。

“けんた”
“けんた”
基本テキストを読むだけでは知識は定着しにくいのですが、一度過去問などでつまづいてからテキストに立ち返ることで知識がつき易きなるんです。

不思議なものですが、アウトプットで分からなかったことをインプットしようとすると効率が上がると学習中にすごく感じました。

解説をきちんと読んで理解してから進む

間違えた問題の解説は必ず読むようにしましょう。

基本的に過去問のテキストであれば、解答のページに詳しく解説が書かれているはずです。

この解説をきちんと理解できるまで読み込みことが得点を上げていく上で重要です。

なので間違えたらきちんと解説を読み込むということを癖づけれるように頑張ってみてください。

どんな問題によく間違えているのかを分析する

ある程度過去問を解いていくと、自分がよく間違えやすい問題の傾向が見えてきます。

“けんた”
“けんた”
そのためきちんと自分がどんな問題で間違えているのかを把握しておくことは重要です。

なぜなら自分が苦手な分野が分かってくると、どこを勉強すれば良いのかが分かってきて効率良く勉強ができるようになるからです、

宅建試験の過去問は難易度が高いのか?

宅建試験の難易度は高いと思います。

というのも宅建の過去問は実際にこれまで出題された問題なわけですし、簡単に解ければ宅建には合格できますという話になるわけです。

勉強の才能がある人は別として、最初は20点も取れないことが普通だと思います。

ただ難易度が高いからといってずっと解けないと宅建試験には合格することができないので、まずは質よりも量をこなして頑張りましょう。

宅建の過去問は何点取れれば良いのか?

最初は得点が取れなくても問題ありませんが、試験までに最低でも過去問では9割以上取れるようになっておきたいです。

なぜなら過去問は何度も解いていくうちに問題を覚えることができますし、本番ではこれまで解いたことがない問題も出題されるわけです。

“けんた”
“けんた”
正直過去問で9割くらい取れるようになっておかないと、宅建試験本番で合格することは難しいです、、

上記で説明した宅建過去問で点数が取れない時に気をつける重要な5つのポイントも意識しながら頑張ってみてくださいね!

宅建過去問が解けない人におすすめの教材

結論としては、過去問が解けない人には通信講座を利用することをお勧めします。

なぜなら通信講座は宅建のプロがこれまで過去の出題傾向をもとに最適な教材を作り上げているからです。

過去問の傾向なども取り入れて教材を作っていますし、分かりやすい過去問の解説もついています。

どんな通信講座を選べば良いのかは別の記事でまとめているのでぜひ下のリンクから飛んで読んでみてくださいね。

【徹底比較】宅建通信講座おすすめ人気ランキング11選宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

まとめ

今回は宅建過去問で点数が取れない時に気をつける重要な5つのポイントとは?というテーマで記事を書いてきました。

“けんた”
“けんた”
最初のうちは過去問は難しい!と感じると思いますが、解いていくうちに知識が定着していくのを感じることができるはずです。

粘り強く宅建の過去問を頑張って解いてみてくださいね!

では、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。