宅建通信講座

スタディング宅建で合格するために必要な勉強時間は?勉強方法についても解説

今回はスタディング宅建で合格するために必要な勉強時間は?勉強方法についても解説というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
スタディングを使うと、どのくらいの勉強時間で合格できるんだろう?

こういった方にむけてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1.  スタディング宅建を使って必要な勉強時間
  2.  スタディングを使った勉強方法
  3.  スタディングの便利な機能

スタディングに興味があるという方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スタディング宅建で合格するために必要な勉強時間は?

結論として150~250時間くらいが目安になります。

人によって必要な勉強時間は異なりますが、スタディングを使うことによって独学よりも効率的に学習を進めることができるのは間違いがないので短縮することができます。

ちなみに独学で合格するのに必要な時間の目安は300~400時間と言われています。

“けんた”
“けんた”
通信講座でお金を払って合格までの時間を短縮できるのであれば私はそちらの方が良いと考えるタイプです!

スタディングを使った宅建の勉強方法

では、具体的にスタディングを使った勉強方法について解説していきます。

次の3つのステップでスタディングでは学習を進めていくのがおすすめです。

  1. ビデオ・ウェブテキストを使ってインプット学習
  2. スマート問題集を解いていく
  3. 過去問演習

それぞれについて深堀して解説していきます。

ビデオ・ウェブテキストを使ってインプット学習

まずはウェブテキストや動画講義を使ってインプットの数を増やしていきましょう。

スタディングでは特にウェブ講義の評判がよく、移動時間や隙間時間を使って学習をすることができると言われています。

基礎の部分にはしっかりと時間を確保しておいてほしいので、最低3週くらいはウェブテキストと動画講義の内容を繰り返すようにしましょう。

スマート問題集を解いていく

スマート問題集は、基本講座で学んだ内容を確実に覚えるためのオンライン問題集になります。

通勤時間などのスキマ時間で問題演習を行いながら、重要なポイントを確実に覚えることができると評判です。

内容は、本試験の過去問を分析して、本試験の問題を解く上で必須の知識について重点的に出題されています。

また、問題を解いた後に、わかりやすい解説を読むことで効率よく試験に合格するための基礎知識を吸収できるように作られています。

実際に問題を解いていくことで、これまで身につけた基礎知識をさらに定着化させることができます。

セレクト過去問演習

最後にセレクト過去問演習を解いていきます。

セレクト過去問演習は宅建試験の過去問から、よく出題される重要なテーマを厳選した過去問題集になります。

宅建は過去問から出題される可能性が高く、解いていくうちにある程度慣れてくるはずです。そうすることで得点も安定してきます。

 スタディングの機能

スタディングにはいくつかの機能が用意されています。

スタディングの機能
  1. 学習フロー
  2. 暗記ツール機能
  3. 問題横断復習機能
  4. 学習レポート
  5. 保有資格登録機能
  6. メモ機能
  7. マイノート機能
  8. AI学習プラン
  9. AI実力スコア
  10. スタディングアプリ
  11. 勉強仲間機能
  12. AIマスター(ベータ版)

それぞれの機能について深堀して解説をしていきます。

学習フロー

ガイドに従うだけで最適な順番で学ぶことができる機能になります。

どうやって学習を進めれば良いんだろう…と悩んでしまうことが防ぐことができるので便利です!

暗記ツール機能

暗記ツールでは、ウェブテキストで覚えたい部分に赤線を引くことができます。

それによって強制的に暗記の効率をあげることができますし、重たいテキストや赤シートを持ち歩く必要がありません。

問題横断復習機能

横断復習機能では、複数のレッスンをまとめて問題練習することができます。

苦手な分野だけを集中的に学習することができ、得点UPにつなげることができます。

直前機などの総仕上げにも便利な機能で、科目の選択や、気になるテーマを選んで絞り込んで復習することができます。

学習レポート

学習レポートでは、スタディングで学習した時間や進捗状況が自動的に集計され、わかりやすいグラフと数値で表示されます。

学習の進捗がグラフで可視化されることによって、日々のモチベーション維持にも繋がりますね。

保有資格登録機能

マイページにて保有資格の登録をすることができます。

自分が保有している資格を一覧化することができるので、より資格学習へのモチベーションをあげることができます。

 

メモ機能

メモ機能は、ページにメモを書ける機能です。

講義を受講しながらポイントや補足情報をふせんを貼り付けるような感覚で使うことができます。

ペンとノートが無くてもいつでも、どこでも思い立った時にメモをすることができるので便利です。

 

マイノート機能

マイノート機能では、自作のまとめを作ることができます。

講義受講中や、問題集を解いた後に覚えておきたいことを書き留めておくことができるので、後からの見直しにも役立ちます。

AI学習プラン

「AI学習プラン」では、AI(機械学習)を活用して、個人別に最適化された学習計画を作成することができる機能です。

スタディングによってこれまで蓄積されたデータをもとに、どのくらいの勉強をしたらどのくらい試験の点数が上がるのかを予測してくれます。

いつ、何を、どのくらい勉強すれば良いのかという学習スケジュールを組み立ててくれるので非常に便利な機能の一つです。

AI実力スコア

AI実力スコア機能では、「あなたが今、試験を受けた場合に、何点取れるのか?」を、AIを使って予測することができます。

この機能を使うことによって試験に合格するためには後何点足りないのかを大まかに把握することができます。

細かい単元ごとのデータも出してくれるので、自分の苦手分野も把握することができます。

勉強仲間機能

勉強仲間機能では、SNSのように同じスタディングを利用して勉強している方と繋がることができます。

学習において難しいのはモチベーションの維持になりますが、この機能をうまく利用すれば同じように学習を日々頑張っている仲間と出会うことができモチベーションのUPにもつなげることができます。

こういった学習コミュニティーを作るのは合格する上で非常に大切なことだと私は思います。

スタディングは無料の講義を受けることもできる

今回はスタディングの勉強方法や機能について詳しく解説をしてきました。

スタディングでは会員登録をすれば無料の講義を視聴することもできます。

自分に合っているのかどうか不安…と思う方はぜひ下のボタンをクリックしてスタディング公式サイトから無料の会員登録をしてみましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。