宅建とは

宅建にまぐれで受かったというのは本当なのか?結論、ほぼ嘘です。

今回は宅建にまぐれで受かったというのは本当なのか?というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
友達から宅建にまぐれで合格したって言われたんだけど、本当なのかな?

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建にまぐれで受かったというのは本当なのか
  2. 宅建にまぐれで合格したという人の心理
  3. 宅建に合格するための方法

宅建に自分もまぐれで合格しないかな…と思っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

宅建にまぐれで受かったというのは、ほぼ嘘です。

最初に結論から言ってしまうと、宅建にまぐれで合格したという人はほぼ嘘です。

なぜなら宅建にまぐれで合格する確率は宝くじにあたるよりもはるかに低いからです。(17兆6千億分の1と紹介している記事もあったり…)

つまりこの確率で合格するというのは不可能ではないものの、限りなく0に近いですよね。。

なのでもし宅建にまぐれで合格したという人がいたら、ほとんどが嘘だと私は思っています。

宅建にまぐれで受かったという人の心理

宅建にまぐれで合格したという人の心理には次の2つがあると思います。

・自分の努力を見せたくない。あまり頑張らずに合格したと思われたい

・数問だけ適当に答えた問題が正解してまぐれで合格したと言っている

それぞれについて詳しく解説していきます。

自分の努力を見せたくない。あまり頑張らずに合格したと思われたい

学校のテストの時にも、勉強していないからやばい…なんて言いつつしっかりと良い点数を取っている友達がいませんでしたか?

あれと一緒ですね。笑

このタイプは自分が努力していることをあまり見せたくない人が多いです。

この言葉を信じて僕も何も勉強していないけど大丈夫かな!なんて思っていたら痛い目に遭います。。(経験済み)

数問だけ適当に答えた問題が正解してまぐれで合格したと言っている

このタイプは宅建を全く勉強していないわけではなく、ある程度学習を進めて試験に挑んだ人です。

宅建は4択問題なので、もちろんまぐれで正解することもあります。

今回私が言っているのは全問題の答えが分からず、適当に問いたらまぐれで合格したという場合に限ります。

このように数問レベルであればまぐれで合格したという人もたくさんいるはずです。

宅建にまぐれではなく合格するための方法

まぐれで合格する可能性は限りなく0に近いので、勉強がんばりましょう。笑

ただそれだけだと当たり前すぎるので私のおすすめの宅建勉強法をお伝えします。

それが、通信講座を利用する方法です。

なぜなら私自身通信講座を利用することでまぐれではなく、確実に合格できるという状態で試験に挑むことができたからです。

通信講座を使うとまぐれでなく実力で試験に合格できる3つの理由

結論として、次の3つの理由で通信講座を利用すれば宅建にまぐれではなく実力で合格できるようになります。

①試験のポイントを絞ってくれているので効率的に実力をつけることができる。

②問題のパターンが見えてくるので、本試験でも自然と解答が分かるようになる。

③分からないところはその道のプロの方にサポートしてもらえる。

もちろん独学などに比べると費用はプラスにはなってしまうのですが、時間をかけて落ちてしまうくらいならお金をかけてでも合格した方が良いと私は思うタイプです。

ちなみにどういった通信講座を選べば良いのかは下の記事で詳しくまとめているのでぜひそちらを参考にしてみてください。

【徹底比較】宅建通信講座おすすめ人気ランキング11選宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

宅建にまぐれで合格することは不可能に近いので、勉強を頑張ろう。

今回は宅建にまぐれで受かったというのは本当なのか?というテーマで記事を書いてきました。

結論としては、宅建にまぐれで合格することは限りなく不可能に近いです。

なので、まぐれで合格することを期待して何もせず試験に挑むのではなく、しっかりと勉強してこれなら試験に合格できるという自信を持って本試験にチャレンジしてみてください。

“けんた”
“けんた”
当サイトではどういった勉強法をすれば宅建に効率的に合格できるのかも紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

では、最後まで読んでいただきましたありがとうございました!

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。