不動産 転職

不動産未経験者の転職は賃貸と売買どちらがよい?

今回は不動産未経験者の転職は賃貸と売買どちらがよい?というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建を取得したから不動産業界に転職したいんだけども、未経験者なので賃貸か売買かどっちが良いのか分からなくて…その辺り詳しく教えてほしいな。

こう言った方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 賃貸と売買どちらがおすすめなのか
  2. 賃貸と売買の仕事内容や年収の違い
  3. 未経験からの転職で気をつけるべきポイント

賃貸と売買でどちらかで迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

不動産未経験の転職なら売買をおすすめします。

まずは結論からお伝えしましたが、なぜ売買の方がおすすめなのか5つの理由についてそれぞれ解説していきます!

1.高い報酬が期待できる

不動産売買の報酬体系は、固定給に加えてインセンティブがあるのが一般的です。

不動産会社によってインセンティブの割合には差がありますが、売れば売っただけ報酬が増える仕組みになっています。

賃貸の場合にはインセンティブがないので、成績が良くても収入アップにつながるわけではありません

勿論、売るためのノウハウを身につけたり勉強しなければいけないことも多いですが、高い収入を得たいのであれば売買の方がおすすめです。

売買の場合、トップセールスマンになることができれば、その分だけ高い報酬が期待できます。

2.モチベーションが保てる

営業成績が収入に直結するということは、モチベーションを維持するのに役立ちます。

収入が増えれば嬉しいですし、頑張ろうという気持ちにもなります。

成果が目に見えて実感できるのが、インセンティブの良いところです。

賃貸の場合、成績が良くても悪くても収入に大きな変化はないので、モチベーションを保ちづらいということがあります。

3.売れる不動産が見分けられるようになる

住まいを選ぶ時、重視するポイントは人それぞれですが、日本では新築物件や築年数が浅い物件が好まれる傾向にあります。

古くなると買い手がつかなかったり、大幅に値段が下がってしまうことも多いです。

しかし、不動産の中には築年数が経過していても高値で取引されているものもあります。

立地条件や建物のメンテナンス状況などにより、高値でも買いたいという人がいるからです。

不動産売買の仕事に携わっていると、自然に売れる物件というものが見極められるようになります

自分で不動産投資をしようとした場合にも、その知識が役立ちます。

4.今後も需要がある

人の生活には住まいは欠かせないものですから、不動産売買の仕事が無くなることはありません

不動産の売買は必ず行われるものなので、それを扱う不動産会社も社会に必要とされる企業といえるでしょう。

就職した不動産会社が倒産してしまったとしても、そこで培った知識や経験は別の会社で活かせます

人の住まいだけではなく、商業施設や事業所、倉庫、工場など事業活動にも土地や建物は必要不可欠です。

5.実力主義なので年齢が若くても評価される

不動産売買は賃貸と比べると、実力主義といえます。

結果を出せば年齢が若くても評価されますし、収入も高くなります

年齢が若いけれど、自分に自身があるという人におすすめです。

賃貸仲介と売買仲介の仕事内容の違い

では、賃貸と売買の仕事内容には具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

それぞれの仕事内容を深ぼって解説をしていきます。

賃貸仲介の仕事内容

賃貸仲介の仕事は、マンションやアパートなど賃貸物件のオーナーと部屋を探している人をマッチングさせる役割を担っています。

具体的には、インターネットサイト等に賃貸情報を掲載して、客からの問い合わせに対応します。

チラシ等を作成することもありますが、最近ではインターネットを使って賃貸物件を探す人が多いです。

間取りや築年数、周辺にある施設など基本情報に加え、アピールポイントを分かりやすく伝えるのも賃貸仲介の仕事になります。

賃貸物件を探している人が店舗に訪れた際には、希望条件などを細かくヒアリングして物件を紹介します。

1日に複数の物件を回ることが多く、基本的に車で客を乗せて移動するので、車の免許は必要不可欠です。

売買仲介の仕事内容

売買仲介は不動産を買いたい人と売りたい人をつなぐもので、不動産を探している人に希望条件に合う物件を紹介して販売するのが仕事です。

戸建て住宅やマンション、ビル、工場、倉庫、土地など幅広い物件を対象とし、その他にも不動産投資による収益物件なども対象となります。

売主と買主の双方から手数料を頂く両手仲介と、どちらか一方の専属となる片手仲介があります。

マイホームを購入する場合には住宅ローンを利用することが多いので、住宅ローン申請のサポートなども行います。

住宅ローン審査に必要な書類をお客に案内したり、お客に代わって金融機関に届けたりすることもあります。

不動産売買では、住宅ローンや税金、金融、法律といった知識も必要になります。

賃貸仲介と売買仲介の年収の違い

賃貸仲介の場合、平均年収は420万円程とされます。

ただし、300万円から600万円程と幅があり、新卒で入社した場合には300万円程度からスタートすることが多いです。

中堅クラスになると500万円を超えてきます。

また、賃貸仲介の仲にもインセンティブを採用しているところもあり、300万円から1000万円程と幅広いです。

売買仲介の平均年収も420万円程なので、賃貸仲介と大きな差はありません

しかし、インセンティブのある歩合制がほとんどなので、1000万円以上稼いでいる人がいる一方であまり稼げていない人もいます。

去年は700万円だったけれど今年は300万円台など、その年によって収入に大きな変動があるので注意が必要。

未経験から不動産転職するときの5つ注意すべきポイント

未経験から不動産業界に転職する時に気を付けたいポイントを5つ紹介します。

1.週末や祝日は休めない

不動産業界では、基本的に土曜日や日曜日、祝日などの休日に内覧を希望する人が多いので、週末や祝日には出勤して、平日に休みを取るというサイクルが一般的になります。

そのため家族と休日に過ごすのが難しいという面はあります

2.賃貸仲介と売買仲介に必要なスキルは全く違う

売買仲介をやってみたいけれど、最初は賃貸仲介でスキルを積もうと思う人もいるかもしれません。

しかし、賃貸仲介と売買仲介では必要な知識やノウハウが違うので、経験を積むことにはならないのです。

転職するのであれば、最初からやりたい方を極めていくのがおすすめです。

3.コミュニケーション力は欠かせない

不動産仲介の仕事は人と接することが多いので、コミュニケーション力は欠かせません

お客と接することは勿論ですが、金融機関や司法書士などと連絡を取り合うこともあります。

また、他の不動産会社とやり取りが必要になることもあり、円滑な人間関係を築くことが手続きをスムーズにいかせるコツになります。

人と接するのが苦手という人は、あまり向いていないかもしれません。

4.状況は変化する

不動産の知識を身につけても、法律が変わったり社会情勢が変化することはよくあります

客が求めるニーズなども変化するので、賃貸物件を扱うにしても売買物件を扱うにしても現在の状況を熟知しておくことが重要です。

建物に関しても、人気の高い間取りや設備等も変化します。

5.信頼されることが大事

営業というと押しが強く、売り込む人が盛業成績が良いように感じられます。

しかし、実際にはそうではなく、押しが強くなくてもトップセールスを挙げている人はいます。

特に不動産は高額の買い物なので、信頼できる人から買いたいと思うものです。

押しの強い人だと、逆効果になってしまうこともあるのです。

客が求めているものを察知して、誠実に対応することが欠かせません。

まとめ

今回は不動産未経験者の転職は賃貸と売買どちらが良いのかを比較してきましたが、私はどちらが良いのかと聞かれたら、売買と答えます。

賃貸に比べ、仕事に対する責任感ややりがいがあり、銀行や他の不動産会社、司法書士など関わる人も多くなるので人脈も広げることができます

ほとんどがインセンティブがあると思うので、仕事に対するモチベーションも上がります。

迷っているなら思い切って経験してみましょう。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気通信講座ランキングTOP3
  • フォーサイト

    宅建
    圧倒的に人気の通信講座!

    受講生の合格率は毎年平均して70%越えという驚異の実績を誇ります。

    宅建になんとしても合格したい!という方はフォーサイトを選んでおけばまず間違いなしです。
  • アガルート

    アガルートアカデミー
    近年どんどん受講生の合格率を上がってきているのがアガルートです!

    アガルートの最大のメリットはなんといっても合格時のお祝い金制度です!

    他の通信講座に比べても圧倒的に高いので、合格の自信がある方はアガルートがおすすめ!
  • スタディング

    宅建
    業界最安値の受講費!

    とにかく安くて良いコスパの良い通信講座を選びたいという方であればスタディングが圧倒的におすすめ!

    費用面で独学にしようと思っている方であれば、スタディングを選んだほうが絶対良いです!

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。