宅建とは

宅建が理解できない・合格できる自信がない人におすすめの5つの方法

今回は、宅建が理解できない・合格できる自信がない人という人におすすめする5つの方法について紹介します。

“お悩み君”
“お悩み君”
宅建が理解できなくて、合格できる自信が正直ない…どうすれば良いのかな。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえれば次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. 宅建が理解できない・合格できる自信がない人におすすめの5つの方法
  2. 宅建の理解度を上げるための勉強方法
  3. 宅建に合格するために重要なこと
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は宅建に2ヶ月で合格しているのである程度の信頼性は担保されるはずです。

理解できなくて合格できる自信がない…という方はぜひ最後まで読んでみてください。

宅建が理解できない・合格できる自信がない人におすすめの5つの方法

結論としては、宅建が理解できない・合格できる自信がない人には次の5つの方法がおすすめです。

宅建が理解できない・合格できる自信がない人におすすめの5つの方法
  1. 使用しているテキストが自分に合っているかを考える
  2. 何が分からないかを分析してみる
  3. 過去問を何度か解いてみる
  4. 間違えた問題をノートにまとめてみる
  5. 実際に合格した人の声を聞いてみる

これらについてそれぞれ深堀して解説していきます。

使用しているテキストが自分に合っているかを考える

まずはそもそもご自身が使っているテキストが合っているのかを考えてみましょう。

私自身、最初は市販のテキストを使っていて全く理解ができなかったのですがそこから通信講座に切り替えたことで一気に理解度がUPしました。

どんな教材を使用しているのかは理解度にかなり関係するので、ここはあまりケチらず自己投資をしてみることをおすすめします。

どういった通信講座がおすすめなのかは別の記事で詳しくまとめているのでそちらを参考に通信講座を利用してみるのはおすすめです。

【徹底比較】宅建通信講座おすすめ人気ランキング11選宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

何が分からないかを分析してみる

何事においても原因の分析は重要です。

なぜ自分が理解できないのかを分析してみましょう。具体的な方法としては紙に箇条書きにして思いつく限りの原因を書いていきます。

全て出し尽くしたら、その原因の対策を1つずつ考えていきます。

これをすることによって現状の改善がされ、理解度がUPしていきます。

過去問を何度か解いてみる

過去問はすでに解いていますでしょうか?

過去問を解いていくことで、どういった問題が出題されるかが見えてくるので自分が何を勉強すれば良いのかが見えてくるようになります。

そうすると、自然と試験に合格できるという自信にもつながりますし、得点もどんどんUPしていくはずです。

間違えた問題をノートにまとめてみる

これは私もよくやっていたのですが、間違えた問題をノートにまとめて自分なりに知識の整理をしていきましょう。

最初の頃はノートがびっしりと埋まるほど大量になるかと思いますが、学習を進めていくにつれてノートに書く量が減っていくのがわかるはずです。

この作成したノートはあなたが苦手とする問題が詰まったいわば宝石のようなものです。

学習後半期でかなり役に立つので、なるべく早めに作成しておくことをおすすめします。

実際に合格した人の声を聞いてみる

実際に宅建に合格した人の声を聞いてみるというのも大切です。

なぜならその人たちの話を聞いていると自分でもできるかも…という気持ちになってくるからです。

自分でも合格できる!という肯定感は学習のモチベーションにつながるので非常に重要です。

直接合格した人に聞くのが難しい…という方はこのブログでも合格体験記を色々と紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

宅建通信講座フォーサイトを使って3ヶ月で合格した勉強方法【体験談】宅建通信講座フォーサイトを使って宅建試験に3ヶ月で合格した方の合格体験談をインタビューしてきました。具体的な学習方法も紹介しているので、これから宅建試験に挑戦する方にはおすすめの内容です。...

宅建の理解度を上げるための勉強方法

結論としては理解度を上げるにはインプット⇨アウトプットの量が大切です。

テキストを読んで問題を解く、問題を解いたらテキストを見直す。どちらかが欠けてもいけなくてこのバランスが重要になります。

理解ができないという方はおそらくインプットの部分が足りていないことが大きな原因になっていると考えられるので、まずはテキストを読む回数を増やしましょう。

そうすることで少しずつですが理解できることの幅が広がってくるはずです。

やってきたことの中にしか自信は生まれない

今回は、宅建が理解できない・合格できる自信がない人という人におすすめする5つの方法について紹介してきました。

理解できないことの原因は今回紹介してきた中にあったと思いますが、自信がないというのはあくまでも自信がつくまでやり込むしか方法がありません。

誰しも最初は自信なんてなくて、理解できないという状態からのスタートです。

なのでぜひ今回紹介した内容を取り入れていただいて、積み重ねの中から自信をつけていってもらえると嬉しいです。

では、最後まで読んでいただいてありがとうございました〜。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。