宅建とは

どの資格を持っていたら就職や転職が有利なのか?

今回はどの資格を持っていたら就職に有利なのか?転職や大学卒業後の進路で悩んでるなら、取得してて損はない資格!というテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
転職を考えているんだけど、良い資格はないかな?できれば、幅広く知識を活用できて、役に立つ資格がいいんだけど。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえると、次のようなことが分かります。

この記事で分かること
  1. どんな資格があるのか
  2. 色々な資格の難易度
  3. 転職に有利な資格はどの資格なのか
“けんた”
“けんた”
この記事を書いている私は、国家資格をいくつか取得しているので試験や勉強方法については詳しい自信があります。

是非今回の記事を参考に、資格について悩んでる人がいれば参考にしてみてください!

就職するのに持っておいて損はない資格

人間誰しも、仕事をしていかないと生きていけません。

資格を持っていると、専門性があり、持ってない人に比べ待遇が良いことも結構あります。

世の中にはいろんな資格が数えきれないほど存在し、知らないだけで身近な仕事にも「この仕事にも資格が必要だったんだ。」と気づくこともあると思います。

資格にも民間の資格と国家資格の二つが存在しますが、ここでお勧めしたいのは、国家資格です。

国が定めた基準をクリアしているので信用度がとても高いです。

国家資格は年に何回と試験の回数が決められているので、簡単に取得できないのが信用度に繋がっています。

資格は就職や転職に有利なのか

資格は就職や転職に非常に有利です。その資格が使える職場であれば尚更です。

まず、職種によってはその仕事に従事する人のうち、何人かは資格保持者でなければならないなど制限のあるものもあります。

なので、重宝されますし、手当も付くことが多いです。

雇う側の気持ちになって考えてみたら分かりますが、資格を持っている人といない人では余程のことがない限り、持っている人を雇いますよね。

業務上、全く関係ない資格でも、持っているだけでしっかり勉強した人とみなされるので転職の際なども履歴書に書くだけで有利に働きます。

就職や転職に有利な資格選び

資格には色々なものが存在しており、似ている資格から難易度の違う資格まで様々な資格があります。

ここでは持っていると就職や転職に有利な資格の特徴を紹介します。

それは、独占業務がある資格です。この独占業務とはその資格所有者でしか出来ない業務のことで、持っていない人がもしその業務をしてしまうと罰金などの刑になることもあります。

なので、とても価値があり、できる人が限定されているので重宝されます。

身近な独占業務のある資格でいうと、医者や看護師、弁護士などもそうですね。

独占業務がある資格とは?

先ほど、独占業務についてお話ししましたが、ここでは独占業務とは何なのかを詳しくお話ししていきたいと思います。

独占業務とは、国家資格の分類の一つであり、その資格を所有する者でなければ携わることを禁じられている業務を、独占的に行うことができる資格のことを指します。

案外知られていませんが、独占業務がある資格は結構あります。

多分皆さんもお世話になっていたりするのではないでしょうか。

独占業務を、その資格を有さない人がしてしまうと違法な業務になってしまうので気をつけてください。

独占業務を持っているお勧めな資格

独占業務を持っているお勧めな資格は、宅地建物取引士、いわゆる宅建士の資格ですね。

宅建士の資格は士業であり、不動産業を営んでいる会社には必ず存在します。

士業の中では難易度は低い方ですが、その割に役割が大きいので重宝され、コスパの良い資格となっています。

宅建士の資格を持っていると、勤務先の会社によって金額はまちまちですが、手当も付くのでやりがいもあります。

手当の相場は大体5000円〜30000円です。

宅建士の独占業務内容

宅建士の独占業務は次の3つです。

宅建士の独占業務
  1. 重要事項の説明
  2. 重要事項説明書への記名・押印
  3. 契約書(37条書面)への記名・押印

※これらの業務を宅建士以外の人が行った場合には宅建業法違反となります。

この3つの独占業務によって宅建士の立場は守られ、他と差別化を図ることが出来ています。

他にも、建設・建築業界や土木関連、公務員も仕事内容によっては宅建を活かせる場となるので、それについてまとめている記事もあるのでこちらも参考にしてみてください。

公務員が宅建を取得する5つのメリットとは?採用や転職には有利なのか?今回は公務員が宅建を取得すると役に立つ5つのメリット、採用や転職には有利なのか?仕事と試験の両立、難易度や副業について説明していきます。...

まとめ

宅建は不動産業界だけでなく、建物や土地を扱う仕事であれば不動産業界に限らず活躍する業界があります。。

詳しくは以下の記事にまとめたものがあるので是非読んでみてください。

【就職&転職】不動産以外で宅建が活かせる仕事や業界はどこ?不動産以外で宅建を活かせる業界についてや就職、転職についても取り上げています。宅建といえば不動産業界と思われがちですが、実は活かせる業界は他にもあるのでぜひ参考にしてみてください。...

もちろん就職活動や転職時でも、他と差をつけれるのでお勧めの資格です。

“けんた”
“けんた”
宅建を取得すると、信頼だけでなく、自分の発言に力を持たせることができ、より働きやすい環境を作ることができるので、メリットの部分がとても大きいです。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。