スタディング宅建

クレアールとスタディングの宅建通信講座を比較してみた

今回はクレアールとスタディングの宅建通信講座を比較してみたというテーマで記事を書いていきます。

“お悩み君”
“お悩み君”
クレアールとスタディングってどちらの通信講座の方が良いのかな?

通信講座を受講してみたいけど、どれを選択したら良いのか分からないので…各自の特徴など比較して教えて欲しい。

こういった方に向けてこの記事を書きました!

この記事を最後まで読んでもらえると、次のようなことがわかります。

この記事で分かること
  1. クレアールとスタディングの宅建通信講座はどちらがおすすめなのか。
  2. クレアールとスタディングのそれぞれの特徴
  3. クレアールとスタディングの比較
“けんた”
“けんた”
ちなみにこの記事を書いている私は、実際に宅建通信講座を使って2ヶ月で試験に合格しているのである程度の信頼性は担保されるはずです。

宅建取得に向けて勉強している方、通信講座選びに迷っていてどの通信講座が良いのか気になっているという方は是非最後まで読んでみてください。

クレアール宅建通信講座の特徴

“けんた”
“けんた”
クレアール宅建通信講座の特徴は次の5つです。
  1. クレアール式学習メソッド”非常識合格法”
  2. スクールや塾と違ってリーズナブルな受講料
  3. マルチデバイス対応で、どこでも学習可能
  4. 受験対策用にリニューアルされたクレアールオリジナルテキスト
  5. 完全合格セーフティコース完備

無駄な勉強は省き、要点を絞ったクレアール独自の勉強法でサポートも充実しています。

このご時世にはありがたい家で好きな時間に好きなデバイスで学習できるので、移動中でも携帯やタブレットで勉強可能です。

万が一のために、学習を継続できる制度もあるので初心者の方におすすめです。

スタディング宅建通信講座の特徴

“けんた”
“けんた”
スタディング宅建通信講座の主な特徴は次の5つです。
  1. 業界随一の低価格
  2. いつでも・どこでもスマホ1台で学習が出来るから、スキマ時間を最大限に利用可能
  3. ビデオ講座も図や具体例を多用しているので、初心者の方でもイメージがしやすい
  4. 問題集もスマホですぐに解けるから知識の定着も早い
  5. 学習範囲が上手く要点を絞られているので無駄な時間をかけずに合格を狙える

スタディングは「忙しい人」を「短期間で」合格させることに特化した宅建通信講座です。

過去、短期間で合格した人の勉強法を徹底的に分析し、開発したオンライン講座なのでスキマ時間を効率的に利用した勉強方法で、毎年多くの受講生が短期間で合格しています。

クレアールとスタディングの宅建通信講座を徹底比較

では、実際にクレアールとスタディングを比較していきたいと思います。

比較する項目は以下の5つとします。

クレアールとスタディングで比較すること
  1. 教材のクオリティー
  2. 価格の妥当性
  3. 合格実績
  4. サポートの充実
  5. 合格後のキャッシュバック制度

それぞれについて深堀していきます。

教材のクオリティー

クレアール

宅建試験の受験対策用にリニューアルされた2色刷りのオリジナルテキストです。

chapterごとに独学でもわかりやすくまとめてあり、出題実績をA〜Cの3段階で示しており、重要度も3段階で□印の数で示しています。

論点が終わる度に一問一答形式で問題があるので、知識の定着化を促す良質な教材。

PDFで配信されるのでスマホで見れるのも利点です。

スタディング

スタディングの通信講座自体が「忙しい人」「短期間で」を謳っているので、要点を絞ったテキスト。

短期間で合格した受講生の勉強法を分析し、より理解しやすくなるようにまとめているのが良い点。

基礎テキストや過去問はついていますが、予想問題がついていないので少し不便。

“けんた”
“けんた”
教材のクオリティーは同じくらいですが、スタディングは予想問題などがついていないので、豊富さでいうとクレアールですね。

価格の妥当性

クレアール
51,552円(期間限定価格)

この上記の値段はクレアールの通信講座で一番高いコースの値段です。

今年の宅建試験で合格できなかった場合、翌年の宅建試験がある10月まで基本講義の視聴を延長でき、さらに望めば「上級コース」を受講することができます。(今年合格した場合、「上級コース」の受講料12,000円は返金される)

教材もしっかりしている上に携帯など、どのモバイルでも勉強できるようになっており、通信講座の中でもかなりコスパが良い通信講座だと言えます。

比較ポイントは価格の安さではなく、価格の妥当性なのでこのような評価となっています。

スタディング

23,430円(基礎から合格を目指せるコース)

スタディングの通信講座の価格は宅建通信講座の中でも低価格です。
コースは少ない分、コース選択に迷うことがない。

教材のボリュームはないが、価格の妥当性という面では納得は出来る。

価格の妥当性という観点では、同じ最高評価となりますが、スタディングは教材のボリュームが少ないという点もあり、クレアールに軍配が上がります。

自分で勉強するからテキストだけ欲しいという方にはスタディングは低価格でおすすめです。

合格実績

クレアール

合格率は非公表

これは合格率が低いからとかではなく、通信講座という形なので合格者を把握することが難しいのでしょう。

給付制度検索システムを利用することで、教育訓練給付制度の利用者に関しては合格率を確認することも可能です。(一般の受講生より合格率は高い。)

合格率は分からないですが、一部分かる部分もあるので評価は星2つとなります。

スタディング

合格率は非公表

スタディングもクレアール同様に通信講座という性質上、合格率が公表されていません。

合格者数も公表していませんが、合格者の声を募っているので参考にしたい方は合格者の声を見て下さい。

こちらも合格率、合格者共に公表していないですが合格者の声など積極的に取り入れているので評価は星2つとなります。

クレアール、スタディングともに合格率・合格数公表していないため、評価は同じです。

サポートの充実

クレアール

疑問点や分からない点など、講師や事務局が徹底的にサポートしてくれます。

この価格でここまでサポートしてくれる通信講座はなかなかないでしょう。

質問も回数制限を設けてないので疑問点などあれば何回でも問い合わせることが可能な点もポイントが高いです。

万が一の時のサポートもあるのでサポートは充実しています。

一般教育訓練給付制度を利用すると、厚生労働大臣が指定する一般教育訓練に対して受講修了後に受講料の一部がハローワークから支給されます。

スタディング

スタディングはサポートはほぼ無いと思ってください。

質問もできなければ、万が一の場合も救済措置等もありません。

その分、低価格を実現しています。

クレアールは通信講座では低価格な部類ですが、スタディングの低価格には敵いません。
これはサポートが一切ない分と思えば妥当でしょう。

クレアールとスタディングの価格差はサポート分みたいなものです。

合格後のキャッシュバック制度

クレアール

クレアールは「完全合格パーフェクトコース」と「完全合格セーフティコース」を受講し、合格すると合格祝金として8000円キャッシュバックされます。

そして「完全合格パーフェクトコース」については教育訓練給付金対象となっています。

さらに受講年に合格すれば、組み込まれている翌年の目標の受講料(12,000円相当)を返金されるシステムになっています。

スタディング
amazonギフト券3000円(ギフト券進呈条件あり)

スタディングに関しては条件付きでキャッシュバックがあります。

気持ち程度ですが、受講価格に対しての金額としては十分だと思います。

条件は5つほどありますが、どれも簡単なものなので合格された方は申請をお勧めします。

※正確な情報は下記の公式サイトを参考にしてみてください。

>>スタディング公式サイトはこちら

クレアールもスタディングも元々価格が低い上に、キャッシュバックや返金システムもあるので独学とほぼ同じくらいか、スタディングに関してはそれ以下の費用で受講することができます。

クレアールに関しては資料請求も無料なので、どんなものか一度自分の目で確かめてみるのもいいかもしれません。
下記がクレアールの無料資料請求になるので気になる方は確認してみて下さい。

クレアールとスタディングの宅建通信講座の利用者の口コミ

実際にクレアールとスタディングを利用して合格した方はたくさんいます。その方たちはどのような口コミをしているのかを見てみましょう。

以下にクレアール(青枠)とTAC(赤枠)宅建通信講座の利用者4名の口コミを紹介します。

“20代女性”
“20代女性”

以前に別の資格でクレアールにお世話になったことがあり、教材もわかりやすく資格もしっかり取得できたので、今回も宅建士の受験を検討するに当たり、クレアールに相談したのが選んだ理由になります。

他の学校の講座も調べてみましたが、他の通信講座は高かったり正直あまりピンとこなかったので、以前、クレアールで勉強をして合格できた実績を信じて、受講を決めました。

“30代男性”
“30代男性”

今年初めて宅建受験でした。最初は何からやっていいのかもわからなかったので、インターネットで調べていたら安いということだったので、こちらの通勤講座を知りました。

動画が分かりやすく、動画を見ている方が授業を受けている感じがして楽しかったです。手が塞がっている時は動画を垂れ流して見たり聞いたりすることができたのでスキマ時間をとても有効に使えました。

ゲーム感覚で一問一答をやれたので苦になることもなく、正解率が上がってくると達成感もあり、どんどん勉強したくなりました。

通勤講座で毎日楽しく勉強できたおかげだと思っております。

“20代男性”
“20代男性”

私がクレアールを選んだ理由は、ホームページでカリキュラムを見て、宅建士試験までにどうやって進めていけば良いのかという合格への道筋がイメージすることができたからでした。

後はクレアールの通信講座はネット環境さえあれば、場所を選ばず講義を視聴できる部分に惹かれました。電車での移動中でもスマートフォンで学習ができ、時間を有効活用できました。

講義を倍速再生することもできますので、理解できなかった論点を倍速再生で復習することができ、非常に有益な機能でした。

また、テキストもシンプルで要点を絞ったものだったので無駄を省いた勉強ができたのでそこも良かったなと思いました。

“40代女性”
“40代女性”

二回目の挑戦で合格しました。

一回目は市販のテキストだけで勉強していたのですが、独学では限界を感じていたところにスタディングに出会い、通信講座だからこそ実現できる価格に惹かれました。

今までは通勤などの移動時間もテキストを開いて勉強していたのですが、慌ただしい電車の中では勉強しにくかったのですが、 こちらの動画なら普段からよく使うスマートフォンで勉強できたので、自然と勉強しやすい環境ができました。

要点をまとめた教材は分かりやすく、動画も何度でも、どこでも巻き戻したりしながら学習できるのでそこが強みだと思います。

クレアールとスタディングの宅建通信講座はどちらがおすすめ?

“けんた”
“けんた”
私は両方の良いところを比較した結果、クレアールの通信講座をお勧めしています。なぜなら費用で考えるとスタディングですが、サポートと保証がクレアールの通信講座の方が充実しているからです。

確かにスタディングの低価格は魅力的ですが、初学者の方にとってはサポートがないのは不安です。

もちろん一度宅建の勉強をしている人や勉強が得意という方はスタディングの通信講座でも良いかもしれませんが、やはり確実に1年で合格を目指したい方にとってはサポートがあるクレアールの通信講座の方がお勧めです。

とはいえ、スタディングもサポートさえ除けば良い通信講座なので、是非一度目を通してみてください。

詳しくはこちらの記事に書いていますので、参考にしてもらえれば幸いです。

宅建通信講座スタディングの口コミ・評判や合格率【業界料金最安】宅建通信講座スタディングの口コミ・評判を紹介します。メリットやデメリットから評判まで全てを網羅的に解説。宅建通信講座をどれにしようか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。...

まとめ

今回はクレアールとスタディングの宅建通信講座はどちらがおすすめ?というテーマで記事を書いてきました。

結論的には次のようになります。

まとめ
  1. クレアール→通信講座の中でも圧倒的に安く、サポートも充実。価格から考えると内容は十分すぎる。
  2. スタディング→受講費用はとても安く、教材も要点をまとめていて良い。ただ、予想問題が付いておらず、サポートもない。

これを読んでいるあなたが何を一番求めているのか?によっておすすめの通信講座は変わりますね。

今回はクレアールとスタディングの2つにフォーカスして解説してきましたが、別の記事で通信講座の特徴をランキング形式でまとめているので是非そちらも参考にご自身に一番あったものを選んでみてくださいね。

【徹底比較】宅建通信講座おすすめ人気ランキング11選宅建通信講座のおすすめランキング11選を宅建合格者のプロが完全比較して紹介します。宅建に短期で合格したいけど、どの通信講座を選べば良いのか?独学では合格が難しい宅建も通信講座をうまく利用することで効率よく合格を目指しましょう!...

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ブログのランキングに参加中!このブログが役に立てばクリックしてもらえると嬉しいです。